新着情報

介護用品の選び方は重要である!介護用品の種類を徹底解説


 

介護用品の選び方次第で患者はリハビリしやすくなります。患者の状態に合った選び方が重要ですね。介護用品の種類と選び方を徹底解説していきます。

 

手すりのおすすめ

手すりは使用用途に合わせた選び方がおすすめです。

 

I型手すり

I型手すりは、Iの形状を持つ金属製の手すりです。この形状は、強度と安定性を提供し、多くの建物で広く使用されています。

 

一般的な素材はステンレス鋼で、耐久性と耐腐食性を備えています。また、アルミニウムなどの軽量素材も使用されることもあるのです。

 

L型手すり

L型手すりは、建築物や施設内での安全性とアクセシビリティを向上させるために使用される、特有の形状を持つ手すりの一種です。

 

この手すりは、その名前が示すように、L字型の構造になっており、壁面に沿って取り付けられ、床から垂直に上がり、横に伸びる形状を持っているのです。

 

場所専用手すり

階段、浴室、トイレなどの特定の場所に設置される専用手すりは、個別のニーズに合わせてデザインされているのです。

 

この手すりは、バリアフリーデザインと安全性を確保するために不可欠です。

 

専用手すりは、高品質な材料で作られ、耐久性と耐腐食性を備えています。設置は建築基準や規制に従って行われ、安全性が重視されています。

 

手すりの選び方は安全性や耐久性があるものをおすすめします。多くの人が使用することを意識しながら介護用品を選びましょう。

 

ベッドやマットレスのおすすめ

ベッドやマットレスは、患者の身体に合わせた選び方がおすすめです。

 

電動ベッド

電動ベッドは、寝具の進化と革命的な設計の一環として、快適な睡眠と生活の質を向上させるために設計された優れた製品です。

 

このベッドは、患者とって大きな利益をもたらします。電動ベッドは、リモコンなどの操作装置を使用して、頭部や足部の高さを調整できます。

 

睡眠の快適さを向上させるだけでなく、身体への圧力分散や、脚の浮腫の緩和など、健康上の利点も得られるのです。

 

一部の電動ベッドには、マッサージや周囲の照明制御などの高度なものが組み込まれ、患者によりカスタマイズされた寝室体験を提供します。

 

床ずれを防ぐマット

床ずれを防ぐためにおすすめの介護用品は、エアーマットレスです。

 

エアーマットレスは、エア圧の調節により、患者やベッドで多くの時間を過ごす人の身体に合わせて調整できます。特定の部位にかかる圧力を軽減し、床ずれのリスクを最小限に抑えます。

 

エアーマットレスには、連続的な空気循環や抗圧潰れなど、高度な設計が組み込まれているものもあるのです。この設計は、皮膚の通気性を保ち、圧力の均等分散を促進し、床ずれを防ぐのに寄与します。

 

寝返りが打ちやすいマット

寝返りを打ちやすくするためには、低反発の介護用品がおすすめです。

 

低反発のマットレスは、高密度の発泡ウレタンフォームで作られているため、体の輪郭に合わせて圧力を均等に分散させます。

 

その結果、局所的な圧力が軽減され、床ずれのリスクが低減します。

 

低反発マットのもう一つの特徴は、その快適性です。寝たきりの患者やベッドで長時間寝ている人にとって、快適な寝具は重要です。

 

低反発マットは身体の状態を調節しながら、快適な寝姿勢を維持します。

 

ベッドやマットは患者の困りごとが解決できるものをおすすめします。寝返りと床ずれがあるのか確認して、介護用品を選びましょう。

 

杖のおすすめ

杖の選び方は、患者の状態に合わせたものをおすすめします。

 

T字杖

T字杖は、リハビリ中の患者におすすめです。

 

この杖は、歩行時に追加の支えとなり、転倒を防いでくれます。杖の底部は滑り止めのゴム製またはゴム製のフェラールで覆われ、安定性を提供するのです。

 

患者がT字杖を地面に置くと、T字型の頂点はバランスを保ちながら重心を支えてくれます。

 

点杖

歩くのが困難な人にとっては、点杖がおすすめです。点杖は、歩行時に安定感を提供し、体重を分散させる役割ふぁあります。

 

特に、足腰に不安定感がある方や、バランスを取りづらい方にとって、点杖は非常に重要です。点杖を使用することで、歩行時の負担を軽減し、安全性を向上させます。

 

 

点杖の正しい使い方は非常に重要ですね。まず、適切な高さの点杖を選びましょう。

 

点杖の先端は、地面にしっかりと固定されていることを確認し、滑りにくいゴムキャップを取り付けます。

 

点杖を持つ際には、腕に負担がかからないように注意し、歩行時には点杖と交互に使い、バランスを取りながら進みます。

 

杖の選び方を考えて使用する人が多いです。

 

しかし、身体の状態によっては点杖もおすすめです。患者の身体の状態に合わせて介護用品を選びましょう。

 

歩行器のおすすめ

歩行器にも、さまざまなタイプがあります。いずれもおすすめの介護用品です。

 

固定型歩行器

固定型歩行器は、安定したフレームがあり、四輪または二輪のベースが取り付けられています。患者は歩行中に安心感を得られるのです。

 

ハンドルバーや手すりは、支えを提供し、バランスを保つのに役立ちます。

 

また、多くの固定型歩行器には、座席やバスケットなどの付属品が取り付けられているため、患者の便益と快適さを向上させます。

 

その結果、買い物や散歩などの日常的な活動が容易になるのです。

 

交互型歩行器

交互型歩行器は電動式であり、患者が疲れることなく動けるように設計されています。ボタンやリモコンを使用して簡単に操作でき、歩行時の負担を軽減します。

 

また、センサー技術を搭載しており、患者の歩行パターンを学習し、手助けを行うのです。例えば、階段の上り下りや急な斜面でも安全でスムーズに動けます。

 

介護用品の選び方と患者の状態を意識しながら、歩行器の導入を検討しましょう。

 

まとめ

介護用品の選び方は、患者の状態に合ったものがおすすめです。人によっては寝返りしづらい人や立ち上がりづらい人もいることを考えなければいけません。

 

手すりやベッドはじっくり考えて選ぶことが大切ですね。今後のリハビリや日常の生活の仕方を意識し、安全に配慮しながら介護用品の導入を検討しましょう。

 

東京都の介護用品専門の訪問販売はハピネス洋品店に お任せください


会社名:ハピネス洋品店

住所:〒195-0055 東京都町田市三輪緑山2-30-10

TEL:044-987-9891

営業時間:9:00~18:00

定休日:年中無休

対応エリア:東京都

業務内容:介護用品専門の訪問販売

販売会の様子がご覧になれます

お問い合わせはこちら

pagetop